« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

無理っ!

シャンプーや爪切り、耳掃除など、大抵のことは寛大に受け止める、よい子なブディーですが、そんな比較的優等生な彼女も苦手なことが当然あります(^^;

掃除機・・・音がすると体を山にして横飛びで逃げます。
首輪・・・・気になって気になって半狂乱。ハーネスは全然平気なのに何故?
猫・・・・・お前も立派な猫なのだよ、ブディー・・・。

そして、最も苦手な「目薬」。。。

ブディーをお迎えしたばかりの頃、環境変化のストレスからか、どろっとした白っぽい目やにが数日間続いたことがありました。
幸い、近所の動物病院で処方された目薬によって、数日後にはすっかり良くなりましたが、以来ブディーは目薬が大大大っ嫌いになりました。
先日も目を痛そうにシバシバさせていたので洗浄しようと近づいたところ、洗浄用目薬の容器を見ただけで逃げ出しました。それでも無理矢理点眼し、更に嫌がられる悪循環。
これから体が大きくなって拒否する力が強くなるのに一体どうしたら・・・
ちなみに、歯磨きも大の苦手です。口開かせるの、大変です。
(´д`)はぁ・・・

0728iya

点眼時は可憐な声で「ぃゃぁ」って鳴きます。
おかげで悪代官気分を満喫できます。

| | コメント (2)

ニャン危機一髪・・・

久し振りに何も予定のない休日です(^^) 
ゴロゴロ甘えるブディーと昼過ぎまでお布団でまどろみました。
あ〜シアワセ・・・

避妊手術から1ヶ月経過したブディーは益々食欲旺盛で大きく成長中。
運動量も半端なく、毎日弾丸の様に部屋から部屋へ駆け回ってます。

ところでブディーさん、ご多分にもれず、高い所が大好きです。
猫お迎えにあたり、家具の転倒防止対策はかなり頑張った私達。
高い場所にのぼるブディーをみてもそれほど慌てることはありませんでした。

最近ではリビングのテレビ台の最上段がお気に入り。
スピーカーの真上なんですが振動が好きなのかな?
約2mの高み(笑)から、よくニンゲン共を見下ろしながら眠っておりました。
ですが、テレビ台の最上段は、40×30cm位の広さ・・・
「まさか落ちないだろ〜、だって猫だよ?」
という旦那サンの言葉に同意しておりましたが、
成長著しいブディーが寝返りをうつたびハラハラ。
不安を感じはじめていた矢先…
ブディーさん落ちました。まさに寝返りうったら空中だった、という状況で。

幸い、床上30cm位でクルリと回転し、フツーに足から着地し事なきを得ましたが。
(マンガの様でした。すごいです動物って・・・)

決定的瞬間を目撃してしまった私の悲鳴にも反応が鈍いブディーはまだ眠そう。
あまりにスムーズに着地した為、何が起きたのかよく判っていない感じでした。

ニンゲンふたりは安全認識の甘さを反省。。。

翌日旦那サンはテレビ台と隣の棚に表面がなめらかな桐板を打ち付け、さらに手すりをつけました。

Saku

突如出現したロフトに最初はとまどい気味だったブディーですが、今はプライベート空間として愛用中。
夜はロフトで寝て、明け方ニンゲン達の寝室に移動して二度寝するというのが最近の習慣になっています。

Saku2
かなりピンぼけですが(^^; 監視中のブディーの勇姿です↑

ちなみに、ロフト工事前はこんな風に寝てました↓
Goro

やっぱり危なく見えますよ・・・ニンゲン猛省(>_<)

| | コメント (3)

シッターさんとお留守番♪

三連休に外出をしました。
二泊三日予定でしたが、台風の影響で飛行機が出ず、一泊二日となりました。
留守中のブディーのお世話は、ご近所のペットシッターさんにお願いすることに。
シッターさんには1日目は3回、2日目は2回、計5回も来てもらいました。
それでも心配な過保護な私(^^; 

空港から車を飛ばして予定よりも早い時間に帰宅したところ、
ちょうどシッターさんが最後のお世話にいらしてました。
1日目は警戒していたブディーも2日目は一転、歓迎ムードだったとの事。

シッターさんはブディーと少しだけ離れがたい様子(笑)
折角慣れたニャンコとのお別れって、ちょっと切ないですよね。
今後もやむを得ずひとりでお留守番させる時は、同じ方にお願いしようと思いました(^^) 

今、ブディーがキラキラボールをくわえ、ゴロゴロ言いながら寄ってきました。
遊んでほしいのか、撫でてほしいのか、自分で選べない様子です(笑)
喉を撫でてからボールを投げると嬉しそうに飛んで行きました。ワンコの様です(^^; 
それなりに寂しかったのかな?
とりあえず今日は甘やかそうと思います☆


Gorogoro

ブディーのお部屋(ドア開きっぱなしのケージ・・・)に夏用のベッド設置。
かなり気に入った模様。。。

| | コメント (0)

猫が運転しています

車に恐怖心を持たせない様、意識的にブディーさんとドライブします。
といっても、時々、近所のホームセンターまで猫砂を買いに行ったりするだけなんですが(^^; 

そこのホームセンターはペットと一緒に入店できますが、ワンちゃん連れがほとんどなので、私ひとりが店内で買い物をし、ブディーは旦那さんと駐車場の車の中でお留守番。
旦那さん監視のもと、キャリーバッグから出て、車内チェックしたり、窓の外を観察したりしています。

そんな感じでブディーは車を怖がりません。ついでにキャリーバッグも目の前に出すと喜んで入ります。
車やキャリーバッグが嫌な思い出(病院とか病院とか病院とか)に結びついていないみたい。
彼女が激しく怖がるもの、拒否るものについてはまた後日☆

ブディーがこれまで一番長く車に乗っていたのは2時間位でしょうか。
この時は車内に猫トイレや猫用の水も用意しました。
走行中は基本キャリーバッグに入れていますが、本ニャンから「出たい」アピールがあった場合、ハーネス装着してバッグから出すこともあります。もちろん、リードは短く短く持ちます。
ブディーは、ちょこんと窓枠に手をかけ外を観察。
爆音と共にウチの軽自動車を追い抜いてゆくバイクや、大きなトラックを興味深げに見ていますが、暴れたり、走り回ることはありません。
そして観察に飽きると私の膝の上でくつろぎ、本格的に眠る時は自らキャリーバッグに入ります。
バッグの中が一番安定しているということは判っているんですね。

彼女にとって今一番の恐怖は「掃除機」であって、車ではない様です。


06301
「見切った!」


06303
「ねぇニンゲン」


06302
「次はわたしが運転するよ。」


0630
「イイよね?」・・・・・絶対ダメです(^^; 

| | コメント (5)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »