温泉地の猫さん

先日、七沢温泉郷へ行きました。
日帰り入浴でお世話になったお宿はペット可のコテージもあるそうです。
そのうちブーさんとも来れたらいいなぁと思います。

お宿の周りには猫さんがいっぱいいました。
2

観光客に可愛がられているようで、皆ニャン悠然としています。
3

まったく人見知りしません。声をかけられました。
4

この風情ある美女は7歳だそうです。
5

皆ニャン、これからも元気で過ごしてね。

家に帰るとブーさんがフリースの上で丸くなっていました。
Img_1449

気温高めでしたよ。暑くないの??
Img_1447

そろそろブーさんの冬用小物を片付けようと思っていたのですが、毎年タイミングがつかめません。
室内猫さんの場合は季節はあまり関係ないのかもしれませんね(^^;

| | コメント (3)

近況報告とお詫び再び

昨年11月からまったく更新できず、もう春一番も吹いてしまいました。
リンク先の皆様、ご挨拶にもお伺いできず、誠に申し訳ございません。


Img_0907

ブーさんは相変わらず元気に暮らしております。
ここ数ヶ月間の猫さんイベントとしましては…
1月:ワクチン接種+血液検査→メタボ判定→ダイエット食へ移行
2月:猫同伴プチ湯治(1泊)
…の2件です。

2月の湯治はブーさんにとってもおなじみの宿だったせいか、落ち着いたものでした。もちろん温泉に入ったのはニンゲンだけです。
Img_0067_3


体重は少し減って来ていますが、まだまだ気は抜けません。
心を鬼にして、ゴハン少ないアピールには気づかないフリをします。


ところでワクチン接種時、ブーさんは診察台の上で、
Cocolog_oekaki_2010_01_17_02_41
こんな風↑に後ろ脚に尻尾を巻いて、涙代わりにポタポタとよだれを流していたそうです。
(病院はダンナさんのみの付き添いでした。私は仕事で付き添えず…無念)

昨年は爪のケガでも病院のお世話になっておりまして、ブーさんの恐怖の記憶も新鮮だったようです。

考えてみると、爪のケガも、原因は体重だったのかもしれません。
激しく走り回る遊びも好きなブーさんですから、足を骨折していた可能性もあるワケです。
飼い主の反省点は多いです。


 

…と、襟を正すニンゲンをよそに、
ベランダでへそ天日光浴するブーさんなのでした。

Img_0105
 

普段はお膝の上の抱っこを嫌がるのに、日光浴の時はこんな不安定な姿勢のまま眠りに堕ちます。
この日はカメラをかまえられたせいか、気にして眠れないようでした。
お日様でお腹ぬっくぬくです。

(ベランダに出るときは、抱っこの時も必ずリードを付けています。
いきなり野生スイッチが入って走り出してしまうとコワイので)

| | コメント (7)

もしもし、秋ですよお〜、、

P7231485
お久しぶりです。ブディーです。


Img_0678
ひんやりシートが嬉しい季節も過ぎようとしてますね。


P6261016
ブーは桜の季節から何度も洗われました。


ニンゲン共はジュリーや
L0131142


お台場の例のヤツに現を抜かしていました。
P8251560


お家が一番なのに、ねぇ。
P4140764


そうそう、「温泉旅行」にも行きました。
Img_0019_2
点検するトコロが多くて、一苦労。
もちろんブーは温泉になんか入りませんでした。
なかなかやっかいなイベントだったなぁ。
P5160880


ふあ〜…
P8201494
こんなとこかな?


以上、
「夏痩せって何?」なブディーがお伝えいたしました〜
P4130718

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
季節ごとの更新もままならず、こんな時期まで放置してしまいました。

折角リンク下さっている皆々様、みなみなにゃん、愛しております。

こんな「ぬるゆる日記」ではございますが、
今後もお付き合いいただければ幸いでございます〜

…ってこれまで同じような事何度書いたかしら(;´Д`)

学びの少ないブーさんの飼い主より

| | コメント (9)

お散歩

またまたブディーのドライブトレーニングです。
出発前には旦那サンとふたりで、車内(特に念入りに床やシート)の清掃をします。
ブディーの車内点検にそなえての事です。(あちこち匂い嗅ぐので…)
予想に反し、今回は点検無しでくつろぎはじめました。
この車に慣れてきたのかな?

091302_2
「今日はこの席でいいよ」
そこは助手席ですよ(;´Д`)
「大丈夫大丈夫」
…でもねぇ…。

危ないので、後部座席に移動して頂きました。

目的地は車で30分の公園です。
無事、公園駐車場に到着。休憩してすぐに帰るつもりでした。
缶ジュースを買う為、旦那サンとブディーを残し外に出たところ、
ブディーがこちらを見ながら「私も車から出せ」と窓を爪でカリカリ。
ちょうど散歩するワンちゃんが少ない時間帯だったので、公園散策することにしました。

092305
「ここは何?」
公園ですよ。

やはりというか、怖がっている様子はありませんでした(^^;
抱っこしていた旦那サン曰く「心臓もトクトクいってないね〜」
この肝の座りようはなんだろう(笑)

興味深げにキョロキョロするブディーさん。

092304_3
「あれは?」
鳥ですよ、葉っぱですよ。

この写真をとってハーネスのずれに気づき、慌てて車に戻りました。
散策はわずか5分ほどで終了。
ニャンよりもニンゲンの方がドキドキなヒトトキでした。

092308

| | コメント (6)

猫が運転しています

車に恐怖心を持たせない様、意識的にブディーさんとドライブします。
といっても、時々、近所のホームセンターまで猫砂を買いに行ったりするだけなんですが(^^; 

そこのホームセンターはペットと一緒に入店できますが、ワンちゃん連れがほとんどなので、私ひとりが店内で買い物をし、ブディーは旦那さんと駐車場の車の中でお留守番。
旦那さん監視のもと、キャリーバッグから出て、車内チェックしたり、窓の外を観察したりしています。

そんな感じでブディーは車を怖がりません。ついでにキャリーバッグも目の前に出すと喜んで入ります。
車やキャリーバッグが嫌な思い出(病院とか病院とか病院とか)に結びついていないみたい。
彼女が激しく怖がるもの、拒否るものについてはまた後日☆

ブディーがこれまで一番長く車に乗っていたのは2時間位でしょうか。
この時は車内に猫トイレや猫用の水も用意しました。
走行中は基本キャリーバッグに入れていますが、本ニャンから「出たい」アピールがあった場合、ハーネス装着してバッグから出すこともあります。もちろん、リードは短く短く持ちます。
ブディーは、ちょこんと窓枠に手をかけ外を観察。
爆音と共にウチの軽自動車を追い抜いてゆくバイクや、大きなトラックを興味深げに見ていますが、暴れたり、走り回ることはありません。
そして観察に飽きると私の膝の上でくつろぎ、本格的に眠る時は自らキャリーバッグに入ります。
バッグの中が一番安定しているということは判っているんですね。

彼女にとって今一番の恐怖は「掃除機」であって、車ではない様です。


06301
「見切った!」


06303
「ねぇニンゲン」


06302
「次はわたしが運転するよ。」


0630
「イイよね?」・・・・・絶対ダメです(^^; 

| | コメント (5)